日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

「メイク落とし」拭き取りタイプは怖い?!

健康・美容

「メイク落とし」拭き取りタイプは怖い?!
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

知ってた?「メイク落とし」のタイプで肌への負担が全然違う!

メイク落としは、油性の汚れであるメイクアップ料を落とすものです。
油性の汚れをまず油で浮かせ、さらに水で落としやすくするというのが、メイク落としの役目です。

そのためメイク落としには、浮かせるための油分と、さらに油と水の橋渡しをする物質、つまり界面活性剤が入っています。

界面活性剤というと、なんとなく肌に悪いように思ってしまいますが、メイクをする以上は、それを使わないと落ちないのでしかたありません。

そのため、なるべく肌への負担が少ないメイク落としを選ぶことが非常に重要です。

しかし、実際はどうでしょう。
どうせ流してしまうものだからと、非常に安易に選んでいる人が多いのが、最近の傾向のようです。

また、肌のことよりも、落ちが早いものやシートタイプなど、手軽さで選んでいませんか?
どうしても肌に負担をかけるものだけに、もっと慎重に選びたいものです。

メイク落としのタイプ別特徴

・オイルタイプ

オイルタイプを使っている女性も多いと思いますが、これは強い界面活性剤を含んでいることが多いのです。

顔中にオイルを塗るわけですから、その中にかなりの界面活性剤を入れておかないと、水で落ちなくなってしまうからです。

脂っこい料理の皿を思い浮かべて下さい。皿いっぱいについた油を落とすときは、どうしますか?強い洗剤をたくさん使って洗いますよね。そうでないと、水道の水とは混ざりません。

オイルクレンジングを塗ったときの顔は、脂っこい料理の皿のようなものです。
でも、実際にはオイルクレンジングと水道水は簡単に混ざって乳化します。
それは、オイルクレンジングの中にすでに、洗剤のようなもの、つまり界面活性剤がたくさん入っているからです。

オイルクレンジングというものは、かなり昔からありました。
どちらかというと舞台化粧のような、強いメイクを落とすためのものでした。

それを落ちがいいからと、普通のメイクを落とすために、毎日使っていると、肌があれてくるのは当然のことです。

1~2週間くらいは平気でも、ずっと使っていると、徐々に肌があれてくることがあるのです。

・ふき取りタイプ(シートタイプ)

ふき取るタイプは、最も刺激が強いので、旅行先など、どうしても簡単に落としたいときにだけ使うようにしましょう。

特に、ウエットティッシュのようになったタイプは、防カビ剤などが含まれているので、刺激が強いということを覚えておいて下さい。ぬれたティッシュを放置したら、すぐカビてきますね。防カビ剤というのは、それを防ぐほどの強いものなのです。

・クリームタイプ

肌のことを考えると、いちばんおすすめしたいのが、油分の量が多すぎず、少なすぎずのクリームタイプです。

メイクが軽めの人ならば乳液タイプでもよいでしょう。もちろん敏感肌用のものを使うに越したことはありません。

メイク落としだけは、敏感肌の人でなくても、敏感肌用を選んだようがよいようです。

・ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは吸着性・肌へのなじみがよく、ジェル特有のテクスチャーを持つことから、摩擦による肌への負担が軽減できるのが特徴です。

クレンジングジェルには、水性ジェルタイプと油性ジェルタイプの2種類が存在します。さらに、水性ジェルタイプには、オイルフリーのものとオイルインのものがあります。

油分を全く含まないものでも、油分のかわりにアルコールのようなものが含まれていることがあるので、注意が必要です。

まとめ

それぞれ特徴がありますが、オイルでもジェルでもシートでも、使っていて肌トラブルが何もない場合は、変える必要はありません。
肌の強い人ならば、問題はないので、これらが悪いものだともいえないのです。

ただ、化粧水やクリームをいろいろ変えてみても治らない肌あれの原因が、実は長いこと使っているメイク落としだったというケースは少なくないようです。

基礎化粧品の中では、メイク落としは肌への影響が大きいものだということを知っておきましょう。

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?
1
今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今世紀最強の資格、10億円の遺産相続資格の取り方とは?

月別アーカイブ